塩分は血圧の敵

塩分は血圧の敵

塩分は血圧の敵

塩分を控えると血圧が下がる…これはもうご存知の方も多いと思います。


塩分は普段の生活で一体、どの程度摂取されていると思いますか?

答えは、1日およそ12g摂取しています。


血圧を下げようと思うのならば、12gを6g以下に減らさないといけません。

半分以上、減らさないとダメなんです。

みなさんがよく食べている「ラーメン」は4gの塩分が含まれております。

ラーメンを食べると、あと2g以下しか摂取できません。

「塩分」はさまざまな食品に含まれており、それが意外と塩分量が多いのです。


実は、健康そうな和食にも塩分が多く含まれているのです。

味噌汁やお漬物…そして梅干し。梅干しはあの小さい1粒で2gの塩分が含まれています。



しかし、血圧を下げたいのなら塩分を控える事は絶対です。

明日から急に今までの半分にしなさい!というには、難しい話ですよね。

ちょっとずつ、減塩していきましょう。

例えば、ちょっとお味噌汁のお汁を控えたりしてみましょう。


外食で麺類を食べる時も、お汁は残した方がいいですね。

お汁は一番塩分が含まれます。意識して気を付けましょう。




ホーム RSS購読 サイトマップ