血圧が上がる理由

血圧が上がる理由

血圧が上がる理由

そもそも、高血圧の原因は何なのでしょうか?


「基準値に戻しましょう」と言われても、原因が分からなければ基準値に下げることもできませんよね。


高血圧は2つの原因に分かれます。1つは「本能性」です。

本態性とは遺伝です。


両親や兄弟などに高血圧の方がいらっしゃるのであれば、普段から生活習慣を特に気をつけないといけなくなります。

会社の健康診断など、社会人になってから高血圧が発覚する方もたくさんいますが、大体は遺伝が原因という可能性が高いです。


しかし、一概に遺伝だけとは言い切れません。さまざまな要因が重なって高血圧になっていることも考えられます。

家族が味の濃い食べ物や揚げ物類をよく食べるという家庭は、肥満の可能性がありそれが大きく影響している事もあります。



2つ目は「二次性」です。

二次性は腎臓などに疾患があり、その影響で血圧が上昇してしまうことをいいます。

二次性の高血圧を下げる方法として、まず原因となっている疾患を治すことが第一になります。


本能性は、生活習慣や食事・運動不足の解消が高血圧を基準値に近づける第一歩となります。

原因がはっきり分からないので、日ごろの地道な積み重ねが大事になってきます。



高血圧を改善するのはとても大変で、長期的な治療が必要になってきます。

症状が発覚してから気を付けるのではなく、日ごろから気にかけて早め早めの予防に努めていきましょう。




ホーム RSS購読 サイトマップ